パワーコンディショナ

パワーコンディショナ

KENTAC 7950

特徴

○ PWM正弦波の発生プログラムを学習できます

○ PWM波形を正弦波にする技術を習得できます

学習項目

(1)系統との同期連係の学習

(2)連係時の電流制御の学習

(3)MPPT制御の学習(山登り法)

(4)チョッパー回路による昇圧制御の学習

(9)電流高調波(3,5,7次)の除去制御の学習

(10)保護動作機能の学習

過電圧、過電流、地絡検出、温度異常

周波数異常,直流検出

(11)シリアル通信による制御結果の収集、グラフ作成

(別途パソコンが必要)

(10)単独運転検出機能の学習(オプション)

(12)電流進角設定による力率制御の学習(オプション)

仕様

○ CPUボード  :RENESAS製RX62Tスタータキットを使用
・インターフェース部    :KENTAC62TIF
・インバータ部     :600V,30A IPM使用
IPMはDC/DCコンバータとインバータと併用・

○ DC/DCコンバータ部
入力   :太陽電池及び太陽電池模擬電源
最大直流入力電圧   :300V
最大直流入力電流   :10A
昇圧後の電圧   :300V
制御方法               :定電圧法 または MPPT
○インバータ部(出力 模擬電源に系統連系or独立電源)
入力    :上記DC/DCコンバータ出力or外部入力
交流出力   :100V 50/60Hz
最大出力   :1kW
制御方法   :単相電源と同期を取り、連系運転を行う。
又は独立運転(ソフトウェアにて決定)

概要

 

構成例

(1)CPU・パワー回路は1つですが、入出力は各部に有るので、DC/DCコンバータとDC/ACインバータ部の別々の実

験が可能です。

(2)ソフトウェア作成実習や各部の効率・波形観測等の実験が可能です。

(3)安全を考え、DC/DCコンバータの直流入力端子に、外部から安全な直流電源を接続して、低い電圧・電流設定で

プログラムチェックが行えます。

(4) インバータ部は独立型正弦波インバータとして正弦波出力が可能です。

(5) 安全な実習を考え、太陽光入力(DC入力)と制御電源入力を別にしました。

(6) 実験時にパワー部に直流電源を接続して低い電圧から徐々に上げる事によって、低い電圧・電流設定でプログ

ラムチェックが行えます。

(7) 系統連系実習は安全を考え、下図に示すパワーコンディショナ全体図の概要に示すように、電力ラインに直接接

続しないでください。

(8)本システムは模擬電力系統の周波数及び電圧を可変出来ますから、パワーコンディショナの保護機能の確認試

験が行えます。ただしこのシステムは、逆潮流不可なので、電力を吸収するための交流電子負荷装置と正弦波

インバータが必要です。