32ビットワンボードマイコン

32ビットワンボードマイコン

KENTAC 13600CPU

 

特長

○単行本『C言語によるモータ制御(仮称)』が付属

高橋久先生著(電波新聞社発行)

○上記本にCコンパイラ付・機械制御用各種関数及び

モータ制御用各種関数サンプル付

(詳しくはHPを参照ください)

○コネクタはKENTAC800Zmk2、PCP-2等とピン配列

の同じコネクタが1個付いています。

○当社のインバータ駆動部(KENTAC 3305IV及び3010~

3012)と40芯コネクタでワンタッチで接続が出来ます。

○内部10bit A/D×8chを持っています。

○外部高速シリアル12bit D/A×4ch持っています。

○ 3アーム分(6bit)のPWM出力が可能です。

○入出力確認用ピンが多数設置してあります。

 

学習項目

(1)32ビットマイコンのハードウエア学習

(2) AD,DA コンバータの学習

(3) C言語プログラミング学習

(4) PWM発生器、RS-232Cシリアル通信の学習

 

仕 様

○ CPU   :SH7085(SH2)(RENESAS製)

○動作クロック  :80MHz

○内部A/D  :10bit 8chをCN6に引き出し

○内蔵ROM  :512kB(フラッシュメモリ)

○ RAM   :32kB

○プログラム書き込み用ポート: RS-232C×1ポート

RENESAS製E10A接続用

○特別付属品  :C言語によるモータ制御(仮称)

著者高橋久先生(電波出版社発行)

コンパイラ、デバッカ等(限定あり)

○付属サンプルソフト(予定)

1)システム関数1

2)時間待ち関数8

3)標準PIO関数7

4)PWM関数3

5)計数関数8

6)AD関数2

7)DA関数1

8)通信関数6

9)メイン関数1

10)信号発生関数(sin,cos等)

11)その他モータ制御オリジナルソフト

○パラレルI/O :8ポート(40ピンコネクター×2)

○CN4コネクター:KENTACシリーズに同じ

設定により2ポート入力,2ポート出力

○CN1コネクタ:インバータ等に使用

START,STOP,RESET,PWM×6bit

○CN7     :高速シリアルD/Aコンバータ

12bit×4ch

○CN6     :内蔵A/Dコンバータ

10bit×8ch

○CN5     :一般I/O×13bit

○ボード寸法   :約170×140×35(mm)

○電源   :AC100V、内部電源   :DC5V