マイクロインバータ

マイクロインバータ

KENTAC 7960

特徴

○系統連系学習・小型マイクログリッドに使用

出来ます。

○A4サイズ基板1枚で双方向変換を実現

○MATLAB SIMULINK,Simtrol-m,C言語などによる

プログラム学習用にも対応出来ます。

 

学習項目

(1)小型太陽電池(200W以下)或いは模擬太陽電池電源

を接続し、太陽電池の系統連系技術の理解

(2)非絶縁DC/DCコンバータ・ 絶縁型DC/DC

DC/ACインバータの波形観測・効率実験

(3) PWM正弦波の発生の学習

(4) PWM波形を正弦波にする技術の習得

(5)保護動作機能の学習 (過電圧、過電流、周波数異常)

(6)電流高調波(3,5,7次)の除去制御の学習

(7)双方向制御、バッテリーからの放電、充電制御の学習

仕様

○使用デバイス

・ CPU  :RENESAS製RX62G(100MHz)

・ パワーデバイス   : MOSFET
○非絶縁DC/DCコンバータ部
・入力   :約25~35V(太陽電池・DC電源・太陽電池模擬電源)
・最大電流  : 10A
・最大電圧  : 55V

・制御方法  :定電圧法 or MPPT
○絶縁型DC/DCコンバータ部

・入力   :非絶縁DC/DCコンバータ出力

・最大電流  : 1A
・最大電圧  : 380V
○インバータ部
・入力    :絶縁型DC/DCコンバータ出力
・交流出力   : 100/200V 50/60Hz
・最大出力   : 200W(別途ヒートシンク付)
・制御方法  : 単相電源と同期を取り、模擬連系運転を行えます。又は独立運転 (ソフトウェアにて決定)

代表的使用例

構成例

○入力    太陽電池入力・模擬太陽電池電源・電流制限付きDC電源等

○ DC出力 非絶縁DC/DCコンバータ入出力(約49V)。バッテリ・

2重層コンデンサ等に接続。試験用入力として使用可能

絶縁型DC/DCコンバータ入出力(約340V)

試験用入出力として使用可能

○ AC出力 AC100V,50/60Hz

独立電源として使用可能

系統連系学習用として使用可能

※法規上、商用電源には直接接続出来ません。

上記システムは以下の機器で系統ラインを模擬構成

正弦波インバータ

絶縁トランス

交流電子負荷(抵抗・電気機器等でも可)

○ AC入力を整流してバッテリ・2重層コンデンサ等に充電可能です。

○予算に応じて各種システム構築します。

カスタム例

双方向DC/ACコンバータとして使用します。

 

計測自動制御学会誌の掲載記事

計測と制御第54 巻第3 号2015 年3 月号 「双方向で系統連系が可能なマイクロインバータ」

インターネットで閲覧できます。

検索 「 計測と制御 マイクロインバータ」