電気自動車実習装置

電気自動車実習装置

KENTAC 5100

 

特 徴

〇Matlabを使用したモデルベース開発が実習できます。

〇モータ制御、回生エネルギーの実習ができます。

〇電動車両を実際に動かしてモータ制御の効果を具体的に実体験して学習できます。

学習項目

(1)電気自動車の機械・電気構造の学習

(2)ブラシレスモータの駆動制御学習

(3)ソフトウェアの製作学習

(4)電気自動車のトルク制御の学習

(5)回生エネルギーの製作実習

(6)Matlabを使用したモデルベース開発の学習(Matlabは別途ご用意下さい)

シミュレーションとプログラムの
自動生成及び実機動作の検証
(通信によるデータ収集も可能)を
行うことができるので、
モデルベースによる開発工程の
実習ができます。

 

Matlab/Simlinkのブロックダイアグラム

仕 様

〇インバータ

 ・CPU部

  CPU:SH2A-7216

  クロック:12.5MHz(内部200MHz)

  内蔵ROM:1MB

  内蔵RAM:128KB

 ・インターフェース部

  電流センサ:2個

  外付VR:2個

  アナログ入力:3点

  デジタル入力:8点

  デジタル出力:8点

  ホール素子/エンコーダ入力:1点

  PWM出力:3相1軸PWM(6bit)

 ・ドライバー部

  IPM:600V,100A

  IPM制御回路(アームショート防止回路)

〇モータ

  ブラシレスDCモータ:48V,750W,レゾルバセンサ

〇車体

  レーシングカートを使用

  

車体                    インバータ