2軸制御インバータ

2軸制御インバータ

KENTAC 3815

 

学習項目

(1)ブラシレスモータ(ホールセンサ)の駆動学習

(2)2軸モータ制御の学習

(3)2軸制御インバータについて実習

(4)Matlabを使用してのモデルベース開発実習

  *Matlab/Simlinkは別途ご用意下さい

(5)C言語によるモータ制御の学習

仕 様

〇CPU基板

 ・CPU:RENESAS製 SH2A 7216(200MHz)

 ・通信機能:RS485×2

       E10A/USB(書き込み用),CAN(コネクタ2個),I2C

 ・PWM出力:6bit×2

 ・カウンタ機能:エンコーダ・ホールセンサ用

 ・A/D入力:6点

 ・制御電源:24V(モータ駆動電源48Vの場合は24Vを供給)

〇ドライバー部

 ・駆動素子:24V駆動の場合MOSFET×12個(60V,80A,5.4mΩ)

       48V駆動の場合MOSFET×12個(100V,100A,4.8mΩ)

 ・電流センサ:基板内に5個設置(直流側,U,V)

  ホールセンサ型電流センサ付

 ・FETドライバ:チャージポンプ式

 ・アルミ電解コンデンサ(平滑用):24V駆動の場合50V,2200μ×2

                :48V駆動の場合100V,2200μ×2

〇プログラム:ホールセンサ/エンコーダ付ブラシレスDCモータ用サンプルプログラム

  トルク制御(エンコーダについてはベクトル制御,ホールセンサについては方形波駆動)

  C言語ソース公開,主要部分にコメント付

〇回路図付

〇オプション

 ・ホイールインモータ

  46極ブラシレスDCモータ(ホールセンサ付き)

  24V,500W,トルク17.7Nm

  48V,1000W

  タイヤ直径約430mm

 ・外部接続コネクタ,線材:無し(特注で製作致します)

 ・放熱器付アルミケース:特注で製作します

2軸制御インバータ(2枚構造)

 上部基板 ドライバー基板

 下部基板 CPU・インターフェース基板

 Matlab/Simlinkのブロックダイアグラム