太陽電池交流発電実験装置

太陽電池交流発電実験装置

KENTAC 6524S

 

特徴

正弦波300Wインバータです。
出力300Wと大型です。
日射計が付属しています。
模擬人工太陽(投光器)が付属。
投光器・太陽電池架台共移動式(キャスタ付き)です。

 

学習項目

(1)太陽電池による発電システムの学習
(2)パワーエレクトロニクス等電子回路の学習
(3)太陽電池の無負荷出力特性試験(解放電圧)
(4)太陽電池の負荷出力特性試験(VーI特性)
(5)DC-ACインバータ効率試験
(6)太陽電池の効率試験

仕様

太陽電池 :84W(単結晶モジュール)×2枚
蓄電池 :シール蓄電池 40Ah×2個
模擬人工太陽 :ハロゲンランプ(投光器)合計1.8kW
照度可変 :スライドトランス、単相100V、20A
太陽電池架台 :2枚搭載・角度可変形架台
投光器架台 :投光器9灯搭載
単相正弦波インバータ :入力−DC24V
出力−約AC100V、最大3A
電圧変動率約±1%、フィードバック回路
周波数 50or60Hz切り替え
DCーDCコンバータ
入力約DC24V、出力約DC230V
日射計 :入力 0~2kW/m2、出力 DC0~100mV
日射計変換器 :入力 DC0~100mV、出力 DC4~20mA
指示計(計9個) :日射量・発電電圧計・電流計
DC/DCコンバータ出力電圧・電流計
インバータ入力電流・電圧計
交流出力電流・電圧計
バッテリー :12V、40Ah、2台
電力量計 :1台
収納架台寸法 :約 600(W)×400(D)×1200(H)