三相モータ実習装置

三相モータ実習装置

KENTAC 3306

 

学習項目

(1)モータの周波数変化による平行推移特性試験

  ※無負荷より最大トルク付近までの範囲

特 徴

◯手動ボリュームで周波数が設定可能

 出力電圧が設定可能

◯オプションのパソコンとI/Oボードを使用すると周波数が設定可能

 出力電圧が設定可能

◯インバータ実習装置として使用可能

◯パウダーブレーキがモータの出力軸に直結している

 (パウダーブレーキのブレーキトルクは励磁電流にほぼ比例するから、電流から負荷トルクを

  推定できる)

◯エンコーダ、回転計搭載のため、回転計測が可能

◯2つのブロック(モータ部&インバータ部)に分かれており、双方とも可搬型であるから

 収納に便利

◯周波数変化時におけるスリップの変化

仕 様

〇インバータ

 形式:KENTAC 3304

 パワーデバイス:IGBTモジュール

 回生回路:付き(過電圧検出・回生抵抗60Ω)

 PWM/正弦波出力:切替スイッチ付き

〇PWMジェネレータ

 形式:KENTAC 3308

 3角波発生回路:1回路

 正弦波発生回路:ROM+8bit D/Aコンバータ

〇PWM発生回路:6bit(U/V/W相)

 周波数設定回路:10Hz〜180Hz

 出力電圧設定範囲:入力電圧に対し0%〜100%

 ※上記2項は手動ボリューム・パソコンI/Oより設定可能

〇パウダーブレーキ

 定格トルク:0.6Nm

 電圧・電流:24V・1.2A

 許容回転数:1800rpm

〇エンコーダ

 分解能:60P/R

 出力相:A相

〇計測器

 回転計:デジタル式・0〜1,999rpm

 ブレーキ電流計:デジタル式・DC0〜1.999A

 周波数計:デジタル式・0.1〜199.9Hz

 出力電圧計:アナログ式・AC0〜300V

 出力電流計:アナログ式・AC0〜10A

 整流型・60角

〇標準3相モータ

 出力:0.4kW・4極

 定格電流:2.08A/200V・50Hz

 定格回転速度:1410rpm/200V・50Hz

〇その他の仕様

 電源:AC200V,50/60Hz

 電源スイッチ:漏電遮断機

 DC電源部:突入電流防止回路付

〇寸法:約630(W)×400(D)×460(H)

※パソコンによる自動計測回路製作します(トルク計別置)