電動三輪車実習装置

電動三輪車実習装置

KENTAC 5300

 

学習項目

(1)ブラシレスモータ(ホールセンサ)の駆動学習

(2)2軸制御インバータについて実習

(3)C言語によるモータ制御の学習

(4)回生エネルギーの学習

(5)Matlabを使用してのモデルベース開発実習

 *Matlab/Simlinkは別途ご用意下さい

仕 様

〇3輪車仕様:定員1名,最高速度6km/h,積載重量(運転者含む)100kg以下

〇制御部 2軸制御インバータ KENTAC 3815

     CPU RENESAS製 SH2A-7216

     クロック12.5MHz(内部200MHz),内蔵ROM 1MB,内蔵RAM 128KB

     通信 RS422,CAN

     モータ制御プログラム書き込み:USB又はE10AUSB(オプション)

     PWM出力 3相2軸PWM,FET 55V80A×12

     *詳細は2軸制御インバータKENTAC 3815をご覧下さい

〇ソフトウェア モータ制御開発支援システム(Simtrol-m-V02)付

     Matlab/Simlink(2014a以降)と併用しシミュレーションと プログラムの自動生成

     及び実機動作の検証(通信によるデータ収集も可能)とモデルベースによる開発工程

     の実習が可能。

     2軸トルク制御プログラム(Matlab/Simlink用ソース,C言語ソース公開)

〇標準操作端末:ジョイステック(前後,左右指示)を標準実装。

〇駆動部:ホイールインモータ2台(24Vで使用)

     46極ブラシレスDCモータ(ホールセンサ付き)

     24V 500W トルク17.7Nm

     タイヤ直径約430mm

〇後輪 オムニホイール(WESN:トヨタ自動車東日本株式会社製全方向タイヤ)

〇シート高さ調整用電動シリンダー(ストローク150mm,位置センサ付き)

○蓄電池:鉛シールバッテリ 12V,20Ah×2個

Matlab/Simlinkのブロックダイアグラム