DCサーボモータ実習ユニット

DCサーボモータ実習ユニット

KENTAC 832

 

特 徴

○アナログ方式

 PWM制御とアナログサーボ増幅器の学習が出来ます。

○サーボ増幅器

 偏差カウンター基板各所に波形観測ピンが立っています。

○サーボモータの速度指令方式に3通りの方式があります。

 ・マイコンからD/Aコンバータを通しての速度指令

 ・内部ボリュームの電圧変化による速度指令

 ・偏差カウンタからD/Aコンバータを通しての速度指令

○位置決め制御は2通りの方法で制御できます。

 ・ 偏差カウンタをマイコンのソフトウェアによって作成する方法

   ソフトウェアの非常に良い学習になる

 ・本装置内に装備されている偏差カウンタを使用する方法

   市販のサーボモータはこの方法を使用した制御が多い。

学習項目

(1)サーボ増幅器の原理

(2)サーボモータの速度の制御

(3)サーボモータの位置決め制御

仕 様

○DCモータ  :±12V,10W, ±3000rpm

○エンコーダ :A,B相 100PPR

○テーブル移動距離:約150mm

○主回路   :三角波発生回路,サーボ増幅器,F-V変換機

         :誤差増幅回路,速度増幅回路,8ビットD/A変換機

       :12ビット偏差カウンター,溜りパルス表示器

○内部電源   5V,±12V,±15V

○電源     AC100V,50/60Hz

○寸法     約240(D)×445(W)×70(H)

○重量     約5.5kg

★既にKENTAC 832をお持ちの方はKENTAC 13600とSimtrol-mを購入して頂ければ
KENTAC 833にバージョンアップ出来ます