実習用絶縁付双方向AC/DC変換器(系統連係インバータ)

実習用絶縁付双方向AC/DC変換器(系統連係インバータ)

特徴

○RENESAS製SH2 7085を使用

○IPM  600V,50A IPMを使用

 

学習項目

(1)系統への同期連係制御の学習

(2)昇圧制御、降圧制御の学習

(3)C言語による制御プログラムの学習

 

仕様

○双方向AC/DC変換器

AC側             単相100/200V,50/60Hzor3相200V,50/60Hz

DC側             DC100~200V程度

変換容量           約3kW

○双方向AC/DCコンバータ部

AC入力の場合(整流)   単相or3相入力をインバータ用IPM付属の整流器で整流(DC化)

AC出力の場合(交流化)  DC入力をPWM正弦波インバータで出力し、フィルタで正弦波に変調後、系統に連係

CPU       RENESAS製SH2 7085

IPM         600V,50A IPM使用

センサー類   入出力に電圧センサ及び電流センサ

○双方向DC/DCコンバータ部

リアクタ     1mH,20A(15kHz)

絶縁トランス  高周波トランス(約15~20kHz)

CPU       RENESAS製SH2 7085(インバータと共用)

IPM         600V,50AIPM使用(インバータと共用)

入力       DC28~300V

出力 指定の電圧

センサー類   電圧センサ及び出力電流センサ

容量       約3kW以下

制御方式    ステップアップ&ステップダウン

○制御電源     :KENTAC3015付(駆動電圧DC140~350V)