インバータ訓練装置

インバータ訓練装置

KENTAC 3355

学習項目

(1)インバータの動作原理の学習     (2)インバータの運転手順の学習

(3)駆動パラメータの学習     (4)保護パラメータの学習

(5)V/F特性の学習     (6) PLCを組み合わせての総合学習

 ■インバータ制御の概要

インバータ制御は、各種工場・化学プラント・発電所等の産業分野で幅広用いられております。

インバータの登場によって工場の生産性は飛躍的に向上し、産業の発展や省エネの実現に大きく

貢献をしました。身近な製品にもインバータは使用されていて、エアコンやファン等に使用されているモータ

の回転数を変えることで、最適な風量を室内に送ることが出来ます。また大型の設備ではダンパー等の

装置を使用して風量を調整していましたが、ブロワ等を直接制御することで電力の消費を抑制します

インバータ実習装置

仕様

  • モータ

三相誘導モータ

・電圧  :三相200V

・出力  :200W 4P

・回転数  :1710(60Hz時)

  • 負荷装置

パウダーブレーキ

・定格トルク  :12N・m

・自然冷却式貫通軸タイプ

  • 回転表示機

・モータの回転をリアルタイムに表示します

・デジタル式表示器

  • インバータ

・電源  :3相200V

・出力  :400W

・外部制御  :VR、正転、逆転、JOG

:高速、中速、低速

  • 操作ボックス

インバータに接続することで、インバータを

制御することが出来ます

・VR、正転、逆転、JOG、高速、中速、低速

の信号をSWでON/OFFできます

  • その他

・操作ボックスからシーケンサに接続を替える

事で、シーケンサから操作することが可能です

・工具を使わずに取り外せる端子を使用

・漏電遮断機標準装備

・別途24V可変電源をご用意下さい