同期発電機・系統連系実習装置

同期発電機・系統連系実習装置

KENTAC 6910

 

 

特徴

○小型なので卓上で同期発電機の実習ができます。

○三相 100V,100Wの同期発電機です。

○外部電源母線との自動と手動で系統連係の実習が可能です。

学習項目

(1)三相同期発電機の無負荷試験

(2)三相同期発電機の負荷試験

(3)三相同期発電機の手動・自動並列運転の実験

(4)送配電実験

(5)三相同期発電機とマイクロインバータを使用してマイクログリッドの実験

3相同期発電機実験装置の概略図(オプションも含む)

仕様

同期発電機セット

・同期発電機    :三相,100V,100W(Y結線時)

・同期発電機駆動用モータ   :誘導モータ、三相,4P,0.2kW

・回転数検出器  :エンコーダー出力パルス:500ppr

・ベース :アルミ製ベース

 

同期発電機速度コントローラ

自動モードではモータスピードを外部指令により

指定の速度に速度フィードバックで調整します。

手動モードではボリュームでインバータ周波数(モータスピード)

を調整します。

・インバータ         :入力 単相100V

:出力 三相200V

・デジタル回転計付き

・回転数コントローラ

・f/V変換器

・ブレーカ・端子台等

・塩ビ製ベース

○同期発電機出力電圧コントローラ

同期発電機の出力電圧をコントロールします。

・電圧センサ×2台

・電圧調整用コントローラ

・手動or自動切り替えスイッチ

・ブレーカ・端子台等

・塩ビ製ベース

 

励磁用電源

・入力 AC100V

・出力 DC0~35V,3A

 

自動及び手動同期投入器

同期発電機出力及び模擬電源の位相差を検出し、

同期発電機コントローラに速度指令を行います。

この両者の位相差が無くなった時点で同期投入を行います。

・位相差変換器

・コントローラ

・同期用リレー

・手動or自動切り替えスイッチ

・ブレーカ・端子台等

・塩ビ製ベース

 

○三相トランス-LR負荷装置

.・三相トランス           :単相200V:100V x3ヶ Y結線

・電球負荷  :20Wx3ヶ

・インダクタンス   :6mH/3Ax3ヶ

 

○同期位相確認ランプ  :100V/20W x 3ヶ

 

○電圧・周波数確認装置     :電圧計0~150V

:電流計45~65Hz

 

○マイクロインバータ KENTAC7960 (オプション)

・DC入力から模擬系統に接続するインバータです。

・ DC側が電池の場合充電も可能です。

・AC/DC双方向コンバータになっています。

・DC入力 DC24~35V

・出力 単相AC100/200V,50/60Hz,150WMAX

・模擬系統に電圧・周波数は合わせます。

・手動or自動切り替えスイッチ

・本装置2台をV結線する事で、3相ラインに接続可能です。

※詳細はKENTAC7960のカタログをご確認下さい。