EV機器用パーツ

㈱昭和電業社のEV機器用パーツ(販売用)

片軸ホィールインモータ

ホールセンサ付56極ブラシレスDCモータ
駆動電圧:24V,48V
出力:24V時 500W トルク 17.7Nm,48V時 1,000W トルク 35.4Nm
回転数:24V時 約140rpm,48V時 約280rpm
回転数は制御によって変わります。
タイヤ直径:約430mm
図9

 

サスペンション付ホィールインモータ

4輪車を造ろうとすると、4輪共地にタイヤを押しつけるために、タイヤにサスペンションを付けた装置が必要です。
サスペンション無しで4輪車を製作すると、凸凹道等で動輪が浮くと空回りになってしまいます。
下記の写真はサスペンション付ユニットにホィールインモータを付けたサンプルです。
これ以外にも ギヤ付モータと通常タイヤ,ギヤ付モータとWESN,WESNのみ 等の各種ご注文お受けいたします。
図11

 

取り付け治具付全方向タイヤ(WESN)

WESNはトヨタ自動車東日本製全方向タイヤです。
下記写真はWESNに軸を通し、軸に車両と接続する治具を取り付けたサンプルです。
上記サスペンションユニットに取り付けることも可能です。
WESNはトヨタ自動車東日本の特許品です。
図10

 

2軸制御ドライバ仕様(インバータ部)

CPU:RENESAS製 SH2A-7216
クロック 12.5MHz(内部200MHz)
内蔵ROM 1MB,内蔵RAM 128KB
通信 制御プログラム書込み用 E10A or USB
通信用 RS422,CAN
電流センサ 直流部1個,両軸各2個 合計5個
アナログ入力 8本(全使用済み)
デジタル入出力 5本(設定により入出力可変)
ホール素子(UVW)/エンコーダ(abz)入力コネクタ 各1個
3相2軸PWM(12bit)
FET 55V100A×12個を使用
上下2層構造
上部 2軸制御パワー部
下部 CPU部
図6

 

ModulDriveSystem
(サスペンション付ユニット・ホィールインモータの応用例)
MDS応用例

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-22

    延線ロープ布設装置

    【概要】 ケーブルラック上への配線作業を行う場合、ケーブル配線前に延線ロープを布設し、そのロー…
  2. 2016-6-30

    簡易野菜プラント実験装置

    KENTAC PVP01 ★LEDの波長(色)の違いによる生育の違い ★プ…
  3. 2016-3-15

    ボルト破断体験装置

    KENTAC S601 ★ボルトの破断体験 ★適正トルクでのボルト締結訓練…

言語変更

inq-1

cat

sitmap

工業教育カテゴリ

・モーター制御実習装置
・電源変換装置
・モータ・温度・プロセスのPID制御実習装置
・太陽電池・風力発電・燃料電池システム
・シーケンス制御
・マイコン制御実験装置
・電子・電気工学実験装置
・電源試験・感電体験機器等

ページ上部へ戻る