延線ロープ布設装置

【概要】 ケーブルラック上への配線作業を行う場合、ケーブル配線前に延線ロープを布設し、そのロープにケーブルを結びつけ配線します。 本装置は、ケーブルラック上に延線ロープを効率よく安全に布設するための装置です。 従来の延線ロープ布設方法では、高所での作業回数が多く、転落・墜落の危険性を伴い、また作業時間もかかっていました。 そこで、ケーブルラックの親桁上を走行する本装置を用いることで、従来の方法に比べて高所での作業回数が減少し作業時間も短縮でき、延線ロープ布設作業時の安全性と作業効率の向上が図れます。

 

【ケーブル配線用延線ロープ布設装置の特長】
①延線ロープ布設装置本体はモータとバッテリーを搭載しています。
②遠隔操作で布設装置本体がケーブルラック(親桁)に沿って走行し延線ロープを布設します。
③従来方法と比較して高所作業回数の削減と作業時間の短縮が図れます。

【使用条件】※1ケーブルラック親桁から支持材までの距離が50mm以上必要です。
※2ケーブルラックから上部構造体までの距離が70mm以上必要です。
※3装置本体がケーブルラック内側に150mm入ります。
※4装置には親桁高さ70mm用と100mm用の2種類があります。

【装置の仕様】
<本体>
①対象ケーブルラック:親桁高さ70mmまたは100mm(注1)
②外形寸法:[W]205mm×[L]235mm×[H]116mm、重量:約3.0kg
③走行速度:20m/分程度(注2)
④駆動時間:連続50分程度(水平走行時)(注2)
⑤牽引重量:2.5kg~6.0kg程度(注3)
⑥LEDランプによる走行位置確認機能(常時点滅)
※注1:布設可能部分(直線や分岐など)はケーブルラックのメーカーや種類により異なります。
※注2:数値は装置単体で使用した場合の値です。
※注3:ケーブルラック上の埃や勾配により変動します。

<リモコン>
①装置本体の前進・後進操作が可能、速度調整が可能
②電源:単三乾電池4本

【オプション機能】
<本体>
①LEDランプによる前後進の判別機能
②走行に連動した動作音(メロディー音)鳴動機能
③ケーブル配線用延線ロープ切離し機能
④ケーブル配線用延線ロープ布設用アーム

<リモコン>
①装置本体及びリモコンのバッテリー残量表示機能

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-22

    延線ロープ布設装置

    【概要】 ケーブルラック上への配線作業を行う場合、ケーブル配線前に延線ロープを布設し、そのロー…
  2. 2016-6-30

    簡易野菜プラント実験装置

    KENTAC PVP01 ★LEDの波長(色)の違いによる生育の違い ★プ…
  3. 2016-3-15

    ボルト破断体験装置

    KENTAC S601 ★ボルトの破断体験 ★適正トルクでのボルト締結訓練…

言語変更

inq-1

cat

sitmap

工業教育カテゴリ

・モーター制御実習装置
・電源変換装置
・モータ・温度・プロセスのPID制御実習装置
・太陽電池・風力発電・燃料電池システム
・シーケンス制御
・マイコン制御実験装置
・電子・電気工学実験装置
・電源試験・感電体験機器等

ページ上部へ戻る