電気自動車製作実習装置

KENTAC 5100PC

★電気自動車を理解する
★ハードウェアの製作実習 ソフトウェアの作成
★Matlabを使用したEVモータ回転のソフトウェアの作成
★回生エネルギーの学習
★EVモータのベクトル制御

■概要と学習項目

概要

レーシング用ゴーカートのエンジン部分を750W電動車両用(EV)モータに変更しました。
それに付随した電気制御回路(インバータやバッテリ等)を搭載しました。
制御は正弦波ベクトル制御です。
電装品は完成品でも部品販売でも可能です。

学習項目の例

(1)インターフェース基板の作成
(2)インバータ部の作成
(3)ブラシレスモータの駆動学習
(4)組立実習
(5)ソフトウェアの製作実習
(6)Matlabを使用してのプログラム学習
KC5100PC

 

KC5100PC-2
電動車両の回路ブロック図

KC5100PC-3プログラム作成例

上記プログラム例はMatlab/Simlinkと当社製Simtrol-m-V02を使用した例です。

電動車両の需要

近年の電動車両は、ブラシを持った直流モータから、ブラシレスDCモータに変わってきています。
ブラシレスDCモータは、ブラシ付きモータに比べると小型化が容易でモータから出るノイズが少なく、
速度の調整範囲が広く長寿命と言われています。
短所としては制御回路が複雑で、ロータの位置検出回路とインバータをPWM制御しながら電流を流す必要があるため、
プログラム作成が難しいと言われています。
ブラシレスDCモータの需要は高く、特に家電・自動車産業界に止まらず、モータを使用する業界に幅広く用いられています。
家電ではエアコン・冷蔵庫・洗濯機などのモータを使用した機器の省エネルギー化に貢献しています。
自動車産業では走行用モータに、機械業界ではサーボモータと呼ばれる殆どのモータに使用され、
燃費の向上や省エネ等に貢献しています。

■仕様

仕様例

●電気自動車製作実習装置(CPU部)
CPU:SH2A-7216
クロック:12.5MHz(内部200MHz)
内蔵ROM:1MB
内蔵RAM:128KB
●電動自動車製作実習装置(インターフェース部)
電流センサ:3個
外付VR:2個
アナログ入力:3点(バッテリ温度測定・電圧測定、タコジェネ入力)
デジタル入力:8点
デジタル出力:8点
速度センサ:ホール素子/エンコーダ入力 1点、差動式ホール素子/エンコーダ入力 1点
PWM出力:3相1軸PWM
●電気自動車製作実習装置(インバータ部)
IPM:600V,100A
IPM制御回路(アームショート防止回路)
●モータ
ブラシレスDCモータ:48V、750W(レゾルバセンサ)
●車体
レーシングカートを使用
KC5100PC-4
KC5100PC-5

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-22

    延線ロープ布設装置

    【概要】 ケーブルラック上への配線作業を行う場合、ケーブル配線前に延線ロープを布設し、そのロー…
  2. 2016-6-30

    簡易野菜プラント実験装置

    KENTAC PVP01 ★LEDの波長(色)の違いによる生育の違い ★プ…
  3. 2016-3-15

    ボルト破断体験装置

    KENTAC S601 ★ボルトの破断体験 ★適正トルクでのボルト締結訓練…

言語変更

inq-1

cat

sitmap

工業教育カテゴリ

・モーター制御実習装置
・電源変換装置
・モータ・温度・プロセスのPID制御実習装置
・太陽電池・風力発電・燃料電池システム
・シーケンス制御
・マイコン制御実験装置
・電子・電気工学実験装置
・電源試験・感電体験機器等

ページ上部へ戻る