短絡・過電流・トラッキング体験装置

KENTAC 4401

★電線の短絡や過電流を体験することが出来ます。
★短絡では火花や閃光、過電流ではケーブルの焼損を体験できます
★お手持ちのケーブルドラムの内部温度上昇を体験出来ます
★コンセントとプラグを焼損させて体験することが出来ます

■概要

【短絡】

短絡とは、電力配線同士がショートしてしまう現象です。
誤って電路(ケーブル)を工具で切断すると閃光と共に「バチッ!」と大きな音が鳴り、工具の接触箇所が溶けて穴が空きます。

【過電流】

過電流とは、想定以上の電流が流れてしまうことです。
例としては、タコ足配線などでテーブルタップに多くの電化製品が接続されている状態です。

【トラッキング現象】

コンセントにプラグを長時間差し込んだ状態で、その隙間に埃が蓄積して湿気が含まれると電流が流れやすい状態になります。
電流が流れ出すと埃が炭化して更に電流が流れやすくなり最終的にはスパークして発火します。

短絡・過電流・トラッキング

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-22

    延線ロープ布設装置

    【概要】 ケーブルラック上への配線作業を行う場合、ケーブル配線前に延線ロープを布設し、そのロー…
  2. 2016-6-30

    簡易野菜プラント実験装置

    KENTAC PVP01 ★LEDの波長(色)の違いによる生育の違い ★プ…
  3. 2016-3-15

    ボルト破断体験装置

    KENTAC S601 ★ボルトの破断体験 ★適正トルクでのボルト締結訓練…

言語変更

inq-1

cat

sitmap

工業教育カテゴリ

・モーター制御実習装置
・電源変換装置
・モータ・温度・プロセスのPID制御実習装置
・太陽電池・風力発電・燃料電池システム
・シーケンス制御
・マイコン制御実験装置
・電子・電気工学実験装置
・電源試験・感電体験機器等

ページ上部へ戻る